-->

« DVD失敗談 | トップページ | シャッター切れない件解決♪ »

2005/05/16

RICOH Caplio R1長所・短所

以前「新しいデジカメ買っちゃいました」で紹介したRICOHのCaplio R1
色々なシーンで使ったりしてみましたので、満足な点とか不満な点とかアップデートしてみます

長所(以前使っていたデジカメに比べてが多いかな?)
電池の持ち時間が凄い
 -週末ぐらいしか使わないのですが、2-3週間充電しなくても平気!
シャッターを押してから撮影されるまでの時間が超短い
 -子供達を撮ることが多いのでシャッターチャンスを逃すことが減りました
起動時間が短い
 -スイッチを入れてから、撮影可能になるまでの時間が短い

短所
時々レリーズボタン押してもシャッターがおりない
 -これかなり困ります。原因いまのところ判ってないです。
もしかしたらストロボが充電おわってないのかなー??自然光の下で明るくてもこの現象が出るので、それだけが理由じゃないっぽいのです。
撮影モード?が勝手に変わる
 -ムービーを撮る、通常撮影、音声を入れた撮影を切り替えるスイッチがあるのですが、このスイッチがとても軽く、かばんに入れておいた、ポケットに入れておいただけなのにモードが変わってて撮りたくも無いムービーを撮る羽目になることが頻繁に

以前使っていたデジカメに比べたら、圧倒的に優れているので大満足ですけど、時々上記の困った現象がでます
少なくともモードが変わる件は簡単に直せると思いますので、リコーさん、時期モデルでは改善してくださいね
まあ、満足しているので、直ぐに買い換えませんけど(笑

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RICOH Caplio R1長所・短所:

コメント

コメントを書く