-->

« 茶房「かやの木」 | トップページ | RICOH GX100 Perfect Guide »

2007/10/01

失敗作...

嫁さんが買ったムーンストーンのイヤリングを

EOS40Dとタムロンの90mmで撮ってみました

駄目だ、完全に失敗作...

ライティングが駄目なんで、全くシャープさに欠けます

Img_2818s

三脚立てて、リモートスイッチは使っているのですがね...

Img_2824s

ジュエリーの撮影って本当に難しいです

僕の部屋を綺麗に片付けて、ちゃんとライティングできるようにしようかと思案中

 

プロ用の撮影ライトなんてとてもじゃないですが、手がでないので、手の出る程度の光源が欲しいなー

WL-230K2 (10971)

「商品撮影に!」蛍光灯円柱グラデーションバックペーパーセット (18922)

このくらいの値段なら出せないこともないのですが、売り切れてる...

「商品撮影に!」デジカメ「超」撮影用ライト「とことんモバイル」 (22853)納期早め

 

EOS 40D

TAMRON Model 272E SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

リモートスイッチRS-60E3

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失敗作...:

コメント

ん~、悪く感じないのですが・・・。私に見る目がないんでしょうね^^;ライティングもそうですが、布地がいろいろあると便利だそうですよ。

投稿: どりさま | 2007/10/01 02:16

ガラス・金属も含め、光り物は難しいですよねぇ〜〜。
光らなきゃレフ板で光を回してあげてでいいですけど
光るものはやっかいですね。黒い紙などを用意して写り込ませて、部分的に引き締めて上げないとですね。
プロカメラマンも光り物の撮影はセッティングでまず時間かかりますよ。
光るモノって曲線が多い事も多いので、小さいモノでもけっこう写り込むんですよね。

前にオレがオピネルのナイフを撮影した時も、ちゃんとセッティングなどしたわけではないですが、
ライトの反射が強くてブレードが光って白くなりすぎるので、目の前にあったほぼ黒っぽいミスプリントの紙をブレードに向けて反射を押さえました。
プロがこの手の撮影すると、ファインダーを覗きながら隅々まで写り込みをチェックして、微妙な写り込みのコントロールをしますね。プロのこだわりを感じます。

投稿: 坂PON | 2007/10/01 11:34

どりさま
Silkyで色々いじったので、それなりに救えて見えるかも知れません

坂PONさん
プロ並みに撮れるようになりたいなー

投稿: Torishin | 2007/10/02 22:34

コメントを書く