-->

« ボーダーライン | トップページ | SILKYPIX Developer Studio 3.0をWindows Vistaで快適に使う »

2008/01/10

Windows Live フォト ギャラリー (バージョン 2008)を試す

Windows Vistaに標準搭載されいてるフォトギャラリーでJPEG写真を見ると

なんとなく、写真が眠くみえませんか?

 

この写真をフォトギャラリーで見ると、なんか眠くて、

また手ぶれしまくりなのかと思っていたのですが

ZoomBrowzerEXで見てみたら、結構シャープに撮れていました??

R0017528s

標準のフォトギャラリーより高機能なWindows Live フォト ギャラリー (バージョン 2008)が公開されていたので、もしかして、眠く見える状態が緩和されるかと期待してインストールしてみました。

 

ファイルをダウンロードして、インストールしようとすると

Live Searchとか要らないものをインストールしようとするので

全部チェックを外す

Live_installers

 

ここではフォトギャラリーだけにチェックを入れて

Live_installer2s

インストール開始

Live_installer3s

 

インストールが終わると、Windows Live フォト ギャラリーが使えるようになります

Live_installer4

キャノンのRAWのコーデックは簡単にインストールできましたが

Live_installer6s

リコーのデジカメが使っているAdobeのRAWフォーマット「DNG」は未だにVista未対応なため、コーデックが存在しません...

Adobeさんやる気あるのかな??

Live_installer5s

 

やっと本題のWindows Live フォト ギャラリーが使えるようになったのですが

全く症状は緩和されず...

編集項目とかはLive版の方が増えていますが、こんなに眠く見えるのだったら

僕にとっては入れる価値なかったです...

R0017528_1

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows Live フォト ギャラリー (バージョン 2008)を試す:

コメント

確かに眠いですよね。画像の確認だけであんまり見入らないようにしています。マイクロソフトももう少し真剣にやってくれると嬉しいですね。

投稿: どりさま | 2008/01/10 20:24

どりさまのVistaでも眠いですか
サクサクと動いて動作は快適なんですが、これじゃあ使い物になりませんよねー

投稿: Torishin | 2008/01/10 21:40

コメントを書く