-->

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/18

SONY Canvas Online CP-1でパソコンの中の写真を見るための設定

パソコンの中の写真を見るためには付属のCD「VAIO Media インストールCD-ROM」からソフトを入れねばなりません

Img_4820s

PCにこのCD-ROMを入れると、自動的に起動される「Install.bat」を実行すれば良さそうですが

Install

実はこの「Install.bat」からインストールしてもPCの中の写真が見えるようになりません!!

 

Install.batでインストールされたのは、SonicStageという音楽管理ソフト

Install2s

僕のようにiPODを使っていて、iTunesを使う人はインストールする必要なし

 

写真を見るためにはCD-ROMの中のVAIOMediaというフォルダーの中から「setup.exe」を起動して、VAIOMediaをインストールしなければなりません

Install4

 

インストールすると

Install3

VAIO Mediaの準備が起動

Install5s

スクロールすると画面下の「開始」が選べますので

スクロールしてから「開始」をクリック

 

自動的にネットワークアクセス設定、Windowsファイアウォールの設定、サーバの自動開始まで行ってくれます

Install6s

 

サーバソフトが動いているかどうかは赤とグレーの浮き輪のようなアイコンがタスクバーの中に入っているかどうかで分かります

Install7

クライアントからの要求でデータを送っている時はこの浮き輪がぐるぐると回ります

 

次に浮き輪のマークを右クリックして「VAIO Mediaのサーバ設定を開く」をクリック

Install8

VAIO Mediaのサーバ設定が立ち上がったら、「コンテンツ管理」を選び

Install9_2

他の機器に公開するフォルダの指定をするので、「追加」をクリック

Install10

Windows Vistaの場合は「ピクチャ」、XPの場合は「マイピクチャ」など

写真の入れてあるフォルダーを選び「OK」

Install11

同様に音楽データの入れてあるフォルダーも同様にして追加します

 

これでようやくCP-1でパソコンの中を見る準備が整いました

CP-1の右側のメニューで「フォト」を選ぶと

今まで表示されなかった「Integrated Server - 」が出てくるようになりました

但し、「Integrated Server - 」が出てくるまで少し時間がかかるので

一拍待つ必要があります

Img_4668s

「Integrated Server - 」を選ぶと「メディア フォルダ」が表示されるので

「メディア フォルダ」を選ぶ

Img_4702s

先ほどサーバソフトを入れたパソコンで公開しているフォルダが表示されてきます

Img_4703s

先ほど「ピクチャ」を選びましたが、Windows上での実際のフォルダ名は「Pictures」なため、ここでは「ピクチャ」ではなく、「Pictures」と表示されてしまいます。

Picturesの中身を見ると

Img_4704s

Windows上で見るとPictures(ピクチャ)には「0000」というフォルダなどがちゃんと入っています。

Install12

サーバソフトをインストールしてしばらくは全てのフォルダをCP-1から見れず

かなり時間を置かないと全てのフォルダを見ることができません

上の写真でみてCP-1上では「0000」と「0001」の2つのフォルダしか見えていないのはこのせいです。

「2008-01-01」等の他のフォルダが見えているようになるまで数時間かかりました

多分、サーバソフトがPC内のデータをスキャンしてデータベースを構築するのでしょう

 

SONY Canvas Online CP-1関連の記事一覧

 

CP-1のサポート情報(取扱説明書もダウンロードできます)

 

下のリンクをクリックすると楽天に飛んでお買い物ができます


ソニー ネットワーク対応デジタルフォトフレーム「Canvas Online CP-1」【税込】 VGF-CP1-W [...

 

ソニースタイルで探す場合は下の画像をクリックしてください

Sony Style(ソニースタイル)

Sony Style(ソニースタイル)

Sony Style(ソニースタイル)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SONY Canvas Online CP-1をGoogleに繋ぐ&フレームの作り方

今回はCP-1を無線LAN経由でGoogleのPicasaウェブアルバムに繋ぐところを解説します

右側のメニューから設定を選択

Img_4614s

Googleだけでなく、写真共有サイト「フォト蔵」、ホームアクセス、Sambaが選べます

(ホームアクセスって何だろう??)

Img_4631s

無線LANの設定と比べると大分簡単

「サーバー設定」からGoogleを選び、ID(gmailのメールアドレス)とパスワードを入力するだけ

 

ホーム画面に戻り、「フォト」を選ぶと

無事「Picasaウェブアルバム by Google」が表示されました

Img_4666s

 

「Picasaウェブアルバム by Google」を選ぶと

自分のフォトアルバムだけでなく、Picasaウェブアルバムでお気に入り登録した友人も表示されます

Img_4674s

サムネイルの読み込みにはかなり時間がかかり、ゆっくりと表示されてきます

Img_4675s

 

僕自身、Torishinを選ぶと

ウェブアルバムが表示されてきます

Img_4676s

 

アルバムの中から「房総のむら」を選択

写真のサムネイルとファイル名などが表示されてきます

Img_4677s

写真を選ぶと1枚1枚の写真が表示されますが

こんな手順を毎回踏むのはちょっと面倒ですよね

 

そこでフレームを作成します

アルバム内のサムネイルを表示させてから

リモコンのOPTIONSを押すと右のメニューが出てきますので

「新しいフレームを作成」を選択

Img_4678s

「下記のフォルダを使って新しいフレームを作成しますか?」と聞いてくるので

「はい」を選択

Img_4679s

「フォト+インフォ」、「フォト」、「シェア」、「思い出」の4種類のフレームの作成が選べます

 

今回は「フォト+インフォ」フレームを作成してみます

Img_4684s

スタイルは「シンプル」と「フロー」の2種類が選択可能

「フロー」は写真が右から左へ流れるように表示されていきます

 

「表示順」は「標準」と「ランダム」の2種類

標準を選ぶ、順番に再生されていきます

 

右ボタンを押すと、「ニュース」を表示するかどうか選びます

Img_4686s

ニュースはYahooのものから選ぶことしかできず

トピックストップ、海外、国内、コンピュータ、経済、スポーツ、サイエンス、地域、エンターテインメントの9種からの選択のみです

 

出来上がったフレームを再生したところ

時計が左上、ニュースが下に表示されています

Img_4692s

時計をデジタル時計からアナログ時計に変えたり

ニュースを非表示にしたりするのにはリモコンのDISPLAYボタンを押します

今回は写真はフローで表示させていますので、時間が経つと写真が右から左へと流れていきます

Img_4693s

 

ニュースをクリックするとオペラが起動して

Img_4807s

ブラウザーが表示されます

Img_4638s

試しにYahooの動画を見ようとしてみましたが

「ファイルのダウンロードができません。」とエラーが出てしまいました

Img_4808s

 

作ってしまったフレームの設定変更は自由度が殆どないため

作る時に気を付けるしかないようです...

この辺りはファームウェアの更新で直して欲しいものです

 

SONY Canvas Online CP-1関連の記事一覧

 

CP-1のサポート情報(取扱説明書もダウンロードできます)

 

下のリンクをクリックすると楽天に飛んでお買い物ができます


ソニー ネットワーク対応デジタルフォトフレーム「Canvas Online CP-1」【税込】 VGF-CP1-W [...

 

ソニースタイルで探す場合は下の画像をクリックしてください

Sony Style(ソニースタイル)

Sony Style(ソニースタイル)

Sony Style(ソニースタイル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY Canvas Online CP-1を無線LANに繋ぐ

今回はCP-1を無線LANに繋ぐところを解説します

右側のメニューから設定を選択

Img_4614s

次に「利用する接続を選ぶ」

Img_4618s

「新しい接続を作成」

Img_4619s

アクセスポイントのSSIDを設定するのに3つの方法から選択できます

Img_4620s   

「検索する」:無線LANのアクセスポイントを探して設定する

「手動で入力する」:SSID、WEPキーなどを自分で入力します

「AOSS設定を使う」:バッファローの無線LANルーターに搭載されている簡単設定機能

 

我が家にはAOSS対応ルーターがないので、手動で入力しました

ソフトキーボードが出てきて

リモコンで1文字1文字選びながらの入力になります

Img_4623s

PCと接続してキーボードで入力するような機能があると便利なんですが、残念ながらそのような機能はないので、入力は結構面倒

AOSS対応のルーターがマジで欲しくなりました

 

やっと入力できたかと思うとエラー発生

「入力された文字が不正です。」

Img_4624s

入力したWEPキーを直そうとしても、文字列の後ろから順に消していくことしかできないため

途中に間違いがあると、一旦消してからの再入力になります

恥ずかしながら4回入力して、ようやく正しいWEPキーを入れることができました...

このあたりの操作性は向上させて欲しいですね

 

WEPキーを入力したら、ネットワーク設定

「アドレスを設定する方法を選択します。」と書いてありますが、もちろんIPアドレスの設定の事です

DHCPでIPアドレスを割り振っているので「かんたん」を選んで設定しました。

Img_4625s

  

購入時は時計の時刻が2008年1月になっていたので、時刻を直そうと思ったら

NTP(ネットワーク タイム プロトコル)に対応していて、インターネットで時刻を自動修正してくれることが分かる

但し、出荷時の設定は「自動で更新する」が「切」になっています

Img_4628s

正しい時刻にしたくない人ってあまりいないと思うので、出荷時の設定は「入」にすべきな気がするんですけどね...

Img_4661s

標準で使われるNTPサーバーは「time.windows.com」

 

NTPサーバーとの同期がとれたので、無事インターネットにつながっていることも確認が取れました♪

Img_4629s

 

SONY Canvas Online CP-1関連の記事一覧

 

CP-1のサポート情報(取扱説明書もダウンロードできます)

 

下のリンクをクリックすると楽天に飛んでお買い物ができます


ソニー ネットワーク対応デジタルフォトフレーム「Canvas Online CP-1」【税込】 VGF-CP1-W [...

 

ソニースタイルで探す場合は下の画像をクリックしてください

Sony Style(ソニースタイル)

Sony Style(ソニースタイル)

Sony Style(ソニースタイル)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

SONY Canvas Online CP-1を購入しました

ソニーの無線LAN対応のデジタルフォトフレーム CP-1を買いました


ソニー ネットワーク対応デジタルフォトフレーム「Canvas Online CP-1」【税込】 VGF-CP1-W [...

パソコンの中の写真を自動で表示してくれるデジタルフォトフレームが出たら買おうと決めていたので、ヨドバシで取り置きしてもらい発売日に購入しました

我が家のPCには200GBを超える写真データが入っているので、デジタルフォトフレームに写真を表示するためにファイルのコピーなんかできません

アメリカでは似たようなコンセプトの商品が既に発売されていたはずなんですが、今まで日本では売られていませんでした

SONYさんに大感謝です

 

購入時に店員さんと話したところによると

今のところCP-1は供給が多くないようです

 

CP1を起動するとソニーロゴが出てきて

Img_4651s

更にバイオのロゴが出てきます

Img_4652s

(撮影している僕が写りこんでしまっているのは無視してくださいw)

起動には結構時間がかかり数分間待たされます

 

起動が終わると下の写真のような状態になります

Img_4698s

画面の左側がフレーム、右側がメニュー

 

メニューからフレームを作り、フレーム単位で再生するのがCP1の使い方のようです

マニュアルなんて読まずに使うもんだから、なんて不便で使いにくいのかとSONYの開発者を呪おうかと思っちゃいました

 

とりあえず写真を表示させてみたところ

Img_4641s

画質はかなり良いです♪

 

マニュアルの出来はかなり悪く、超不親切

PCに詳しくない方が買うと使い方が分からず投げ出してしまいそう

操作性も正直イマイチ、直感性に少し欠けます

でもそれらの欠点があっても、画質も良いし

写真が大量にパソコンの中に入っている僕のようなユーザーにとっては素晴らしい商品です

 

そこでできる限り簡単にこのブログでCP-1の使い方を解説していこうと思います

 

SONY Canvas Online CP-1関連の記事一覧

 

CP-1のサポート情報(取扱説明書もダウンロードできます)

 

下のリンクをクリックすると楽天に飛んでお買い物ができます


ソニー ネットワーク対応デジタルフォトフレーム「Canvas Online CP-1」【税込】 VGF-CP1-W [...

 

ソニースタイルで探す場合は下の画像をクリックしてください

Sony Style(ソニースタイル)

Sony Style(ソニースタイル)

Sony Style(ソニースタイル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/04

房総のむら 「春まつり」 時代衣装変身体験編

今日は、千葉県立房総のむらで貸衣裳を借りて見ました

逆光だったので、+1補正

Img_3303s

 

なかなか良い表情をしてくれました

Img_3312s

 

モノクロにしてみたら、随分良い雰囲気が出ました

Img_3318s_2

時代劇の1カットみたい

 

掲載許可が下りたので、珍しくうちの子以外が写っています

Img_3258s_3

うちの娘にピンが合っているのはちょっとまずいかね?

 

やっと24-70mmの重さに慣れてきました

かなり重いけど、やっぱり良いレンズだ♪

 

この日使った撮影機材

カメラのボディ : EOS 40D

レンズ : EF24-70mm F2.8L USM

ストロボ : スピードライト430EX

 

RAW現像ソフト : SILKYPIX Developer Studio 3.0

 

メモリ : 【SanDisk】266倍速CFカード ExtremeIV 8GB

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/03

またデジタルフォトフレームを買いました

Sonyが新しく出したデジタルフォトフレームを買っちゃいました


1GBSDカードプレゼント!SONY デジタルフレーム DPF-V700

実はVredefortのものは画質もかなり良く

ソニーのものと画質的には遜色なかったので

こちらを買おうと思っていましたが

残念ながら在庫切れなため、ソニーのものを購入


1GBSDカードプレゼント!Vredefort デジタルフォトフレーム SDP-708MB

 

以前、結婚記念日のお祝いにトランセンドのものを買った事をご存じな方は

えー、またデジタルフォトフレームを買ったの?と言いそうですよね


2GBSDカードプレゼント!トランセンド デジタルフォトフレーム T.photo 710

 

実は今回は、義理の母への母の日のプレゼント

更に義理の父の誕生日プレゼント兼用なんです

写真データをコピーしたら、大津の実家に発送してしまいます。

 

しかし、 トランセンドのものと比べて

ソニーのS-Frameの液晶の美しいこと

R0028056s

画質レベルは雲泥の差です

R0028064s

 

使い方はいたって簡単で、Windows VistaのパソコンにUSBケーブルで繋いだら

自動的にドライバーがインストールされ、単にファイルをコピーするだけでOK

もちろん、SDカード等のメディアを指してもそのまま見ることができます

 

本体メモリーは512MBとちょっと小さめなんで、画面サイズに合わせ

写真を800x800以内のサイズに、フリーソフトの「ちびすな!!」を使って

縮小してから本体のメモリーにコピーしました

 

2002-2005年分の写真381枚を縮小してから本体にコピーしましたので、

サイズは270MBで納まっておりまだ半分ぐらいしか容量を使っていません。

 

今回は、本体に可能な限り写真を入れておき、

将来、追加の写真を送る時は、SDが安くなったので、

年に1回ぐらいSDに入れて郵送してあげようと思っています。

いつでも孫たちの写真を見れるので、きっと喜んでもらえることでしょう。

 

嫁さんの実家には廉価版のDPF-D70で良かったのですが

こちらも在庫がありませんでした

液晶はDPF-V700と同じに見えますので、普通はDPF-D70で十分だと思います。


SONY デジタルフォトフレーム DPF-D70

 

僕に感化された友人は9インチ液晶のDPF-V900を購入

彼も実家へプレゼントするそうです。


【在庫あります 即納可能】デジタルフォトフレーム DPF-V900

 

決して安くはないですが、プレゼントとしては最高の贈り物だと思っています

 

いや、決して僕が触りたかったから、買った訳では...

| | コメント (0) | トラックバック (0)