-->

« HDR-XR500Vのスマイルシャッター | トップページ | HDR-XR500Vで撮った動画を編集してみる »

2009/07/29

HDR-XR500Vを暗いところで使ってみました

Sony Handycam HDR-XR500Vの特徴の1つが「約2倍の感度アップ!暗いところでもきれいに、新開発「“Exmor R” CMOSセンサー」

これがどれだけスゴイのか暗い所で色々試してみました

まずは、かなり暗いお店の中

白熱灯だけの暗めのお店の中で、スタンダードモード(STD Mode)で撮ってみましたが

従来のムービーカメラやデジカメとは段違いに暗いところに強いです

 

次はかなり真っ暗なお店の外で、LOW LUXモードで撮影

 

今度はナイトショットモード

これは面白い機能だとは思いますが、実際に使うことはないでしょうね

 

夜のお祭りをLOW LUXモードで撮ってみたもの

人の目で見るより、ちょっと明るいぐらいに撮れています

これだけ暗所で撮影できるのは凄い

 

褒めてばかりいますが、多少の欠点もありました

暗いところでのピント合わせは苦手のようで、

この撮影の時はなかなかAFでピントが合わせられず

一旦マニュアルフォーカスに切り替えたり、ズームしてみたりしていたらようやくピントがあいました。

しかし、従来機の絞りは2枚羽根だったのが、HDR-XR500Vの絞りは6枚羽根に変えたそうで、円形のボケが美しいですね

 

僕がHDR-XR500Vは買った最大の目的が、暗いところ(通常の室内レベル)で綺麗に写るムービーカメラですので、HDR-XR500Vはその目的を完璧以上にこなしてくれました


【即納可能】【送料無料】【別途延長保証あり】SONY HDR-XR500V ハイビジョンハンディカム デジ...

 

最新モデルのHDR-CX500Vも8月から発売になります。

手振れ補正が格段に進化して、大幅に軽く小さくなったので、こちらもお勧めです


◎15,000円以上で送料無料!★☆ビデオカメラバッグ+液晶保護フィルムセット!★☆!★☆SONY H...

 

水に濡れるってシーンじゃなかったら、もうXactiを使うことはないでしょうね

水深5m対応の防水スポーツパック SPK-HCEを買ったら本気Xactiが不要になりそうです


【3~4営業日でお届け】スポーツパックSONY SPK-HCE スポーツパック 【防水ケース】

 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HDR-XR500Vを暗いところで使ってみました:

コメント

コメントを書く