-->

« 2009年2月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009/07/31

PMBでYouTubeにアップしてみる

Sony Handycam HDR-XR500Vに同梱されていたソフトPMB(Picture Motion Browser)から直接YouTubeに動画がアップできるので、それを試してみました


120GBハードディスクに高精細なハイビジョン画質を長時間記録SONY HDR-XR500V

PMBでYouTubeにアップしたい動画を選び「活用(M)」=>「ネットワークサービス(I)」=>「YouTube」を選択

Pmb_youtube01s

 

まずはログイン情報を入力します

Pmb_youtube02s

 

ここにYouTubeのユーザー名とパスワードを入力

Pmb_youtube03s

 

ここで注意

僕は普段GoogleアカウントでYouTubeにログインしていましたので、そのアカウントでYouTubeにログインしようとすると、無効なユーザー名とエラーが出てしまいます

Pmb_youtube04s

 

YouTubeの概要のところにご自分のIDが表示されています

僕の場合はtorishinodekakeがYouTubeのIDですので、これを入力します

Pmb_youtube05s

ログイン情報にチェックマークを入れておくと、次回からログインする必要がなくなります 

Pmb_youtube06s

 

これでYouTubeにPMBからログインできるようになりましたので、アップロードボタンを押すとWMVへの変換作業が始まります

Pmb_youtube09s

 

ここでタスクマネージャーを見てみると、Core 2 Quad Q6600を使っている我が家のPCではちゃんと4個のコアがフル稼働しているのが確認できました。

PMBはちゃんとマルチコアに対応したアプリケーションなんですね

Pmb_youtube10s

 

エンコードが終わったら、YouTubeへのアップロードが実行されます

Pmb_youtube11s

 

がーーん、なぜかアップロードが失敗しました(涙

Pmb_youtube12s

この時アップロードが失敗した理由は不明

同じファイルを再度アップロードしたら無事にYouTubeにアップできましたので、最初の一回は運が悪かったことにしておこう(笑

 

YouTubeにPMBからアップした動画

PMBからアップロードすると残念ながらSDモードのみでHDモードでは投稿できないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/30

HDR-XR500Vで撮った動画を編集してみる

HDR-XR500Vで撮影した動画は動画圧縮規格「H.264/MPEG-4 AVC」形式で拡張子がm2tsになっています。

このM2TSがかなりの曲者であることがSony Handycam HDR-XR500Vを購入してから判明しました


◎ソニー デジタルHDビデオカメラレコーダー ハンディカム【HDR-XR500V-S】【きょうと●0721】

HDR-XR500Vに付属のPMB(Picture Motion Browser)で前後のカット編集はできるのですが、途中をカットして消したり、動画をくっつけたりはできません

前後しかカットできないなんてあり得ないレベルの編集機能です

ただし、動作は非常に速いので前後のカットだけなら秀逸です

Pmbs

 

TMPGEnc MPEG Editor 3とAdobe Premiere Elements 7.0の体験版をダウンロードして試しましたが、M2TSファイルの読み込みは出来ますが、カットは一切できず。

 

Sonyがネットで売っているVegas Movie Studio Platinum 9.0の体験版をダウンロードしたら、ようやくM2TS形式の編集ができました。

http://www.sonycreativesoftware.com/moviestudiope

Vegas Movie Studio Platinum 9.0の特徴にSony AVCHD の編集とあり、「Sony AVCHD は、最新の HD ビデオ形式です。現在、AVCHD の編集が可能なソフトウェア製品はわずかしかありません。Vegas Movie Studio Platinum では、簡単な操作で Sony AVCHD をあっという間にインポートして編集できます。」と書いてあります。

ソフトの編集までもSonyで囲い込みやがるのか!!!

僕の調べたところでは、M2TSファイルを完璧に編集ができるソフトはVegas Movie Studio Platinum 9.0しかないようです。

くそー、このままVegas Movie Studio Platinum 9.0を買う羽目になりそうです。

 

Vegas Movie Studio Platinum 9.0で編集して、Vegas Movie Studio Platinum 9.0の機能を使いそのままYouTubeに動画をアップしてみました。 

折角ハイビジョンで録画しているのに、Vegas Movie Studio Platinum 9.0から直接YouTubeにアップするとHDで閲覧できません...

結構高いソフトなんだから、YouTubeのHDモードぐらいには対応しろよ(怒

まあ、SDの割にはかなり綺麗にYouTubeにアップできていますけどね

 

Vegas Movie Studio Platinum 9.0をお使いの方で、YouTubeにHDでアップするために最適なエンコードの方法をご存じの方がいらっしゃったら教えていただけませんか?

こうなったらできる限り綺麗な方法でアップしたいと思います。

 

ちなみにSonyのVAIOのPCを買うと、Adobe Premiere ElementsでもM2TSファイルの編集ができるようになるようなんですが、ソニーのパソコンを買う気なんて全くありません

単体の商品ではSonyでしか買えない良い製品が多いのですが、Sonyだけで囲い混もうとする姿勢が大嫌い

 

HDR-XR500Vはビデオカメラとしては本当に秀逸なのですが、AVCHDの編集環境がまだまだ整備されていません。

撮った動画をそのまま保存するだけの方とか、見るだけの方にはお勧めですが、ちょっとでも編集しようとすると結構ハードルが高い代物でした

 

ソニーが大好きで、パソコンもバイオにしているなら編集環境を作るのに苦労することもなさそうですので、HDR-XR500Vを買うなら、VAIOに統一してしまうのも手かも知れません。


【送料無料】★ソニー ノートパソコン VAIO type A(ビデオエディション・チタングレー)【税...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/29

HDR-XR500Vを暗いところで使ってみました

Sony Handycam HDR-XR500Vの特徴の1つが「約2倍の感度アップ!暗いところでもきれいに、新開発「“Exmor R” CMOSセンサー」

これがどれだけスゴイのか暗い所で色々試してみました

まずは、かなり暗いお店の中

白熱灯だけの暗めのお店の中で、スタンダードモード(STD Mode)で撮ってみましたが

従来のムービーカメラやデジカメとは段違いに暗いところに強いです

 

次はかなり真っ暗なお店の外で、LOW LUXモードで撮影

 

今度はナイトショットモード

これは面白い機能だとは思いますが、実際に使うことはないでしょうね

 

夜のお祭りをLOW LUXモードで撮ってみたもの

人の目で見るより、ちょっと明るいぐらいに撮れています

これだけ暗所で撮影できるのは凄い

 

褒めてばかりいますが、多少の欠点もありました

暗いところでのピント合わせは苦手のようで、

この撮影の時はなかなかAFでピントが合わせられず

一旦マニュアルフォーカスに切り替えたり、ズームしてみたりしていたらようやくピントがあいました。

しかし、従来機の絞りは2枚羽根だったのが、HDR-XR500Vの絞りは6枚羽根に変えたそうで、円形のボケが美しいですね

 

僕がHDR-XR500Vは買った最大の目的が、暗いところ(通常の室内レベル)で綺麗に写るムービーカメラですので、HDR-XR500Vはその目的を完璧以上にこなしてくれました


【即納可能】【送料無料】【別途延長保証あり】SONY HDR-XR500V ハイビジョンハンディカム デジ...

 

最新モデルのHDR-CX500Vも8月から発売になります。

手振れ補正が格段に進化して、大幅に軽く小さくなったので、こちらもお勧めです


◎15,000円以上で送料無料!★☆ビデオカメラバッグ+液晶保護フィルムセット!★☆!★☆SONY H...

 

水に濡れるってシーンじゃなかったら、もうXactiを使うことはないでしょうね

水深5m対応の防水スポーツパック SPK-HCEを買ったら本気Xactiが不要になりそうです


【3~4営業日でお届け】スポーツパックSONY SPK-HCE スポーツパック 【防水ケース】

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/28

HDR-XR500Vのスマイルシャッター

浮き輪で遊んでいる娘をHDR-XR500Vで撮影していたら、スマイルシャッターが作動して、自動的に2枚の写真が撮られました。

うーーん、どう見ても笑っていない...

Dsc00002s

Dsc00003s

もしかして、スマイルシャッターのアルゴリズムって口が横に開いたとかを検出しているのかな?

娘が浮き輪の紐を噛んで口が横に開いたから笑ったと解釈されたのだろうか?

残念ながらスマイルシャッターの精度は決して高くないようです

 

035s

036s

出荷時の設定だと、「動画録画中のみ」にスマイルシャッターが効くようになっていますが

僕は「常時」に変えました

常時スマイルシャッターが効くようにしておくと、電源を入れてカメラを向けているだけで、録画していなくても子供達が笑っただけで写真が撮られます

037s

スマイル検知感度ですが、ちょっと変えてみたけど、あまり違いが感じられていません

038s

 

僕が買ったHDR-XR500Vは後継機が出てしまったこともあり、随分と安くなってきました


【即納可能】【送料無料】【別途延長保証あり】SONY HDR-XR500V ハイビジョンハンディカム デジ...

 

最新モデルのHDR-CX500Vも8月から発売になります。

手振れ補正が格段に進化して、大幅に軽く小さくなったので、こちらもお勧めです


◎15,000円以上で送料無料!★☆ビデオカメラバッグ+液晶保護フィルムセット!★☆!★☆SONY H...

きっと、12月のクリスマス商戦前にはXRシリーズにも新しい手振れ補正機能がついた新モデルが出るんだろうな...

もうちょっと待てば良かったのだろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/07/27

YouTubeの謎

YouTubeに動画をアップして、エンコードされた直後にアップした動画を見ると、HDでアップしたはずなのになぜかSDでしか再生されません。

ブログにムービーの埋め込みリンクを貼ろうとすると、HDを選ぶチェックボックスすらありません??

Youtube_sd

 

アップしてから一晩経過した動画の方を見てみると「HDで再生する」のチェックボックスが増えています。

Youtube_hd

もしかして、YouTubeにアップすると、オリジナルの動画からSD、HD、などの複数のエンコードを裏で実施していくつかの動画パターンをYouTubeのサーバー内で持つのかな?

多分、HDのエンコードが終わるまで待ってからブログなどにリンクを貼ったほうが良い様です

サーバーの混雑にもよるかもしれませんが、SD再生ができるようになってから、20-30分待つとHDが選べるようになっていました

 

YouTubeに最初アップした時、折角ハイビジョン撮影ができるHDR-XR500Vを買ったのに綺麗にYouTubeにアップできないのかと涙目になりましたが、どうやら待てばHDで見れるようになるようなんで、一安心です。

 

ところで、僕のメインのブログは本文の欄が400ピクセルも幅がないため、YouTubeの標準の埋め込みタグは最小でも幅480、高さ295ピクセルとなっているため、ブログにきちんとYouTubeの動画再生ウィンドウを掲載することができません。

<object width="480" height="295"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/L9uw5vHilLM&hl=ja&fs=1&rel=0&color1=0x234900&color2=0x4e9e00"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/L9uw5vHilLM&hl=ja&fs=1&rel=0&color1=0x234900&color2=0x4e9e00" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="480" height="295"></embed></object>

 

試しに幅320×高さ180の16:9にしてみました。

埋め込みコードのwidth(幅)とheight(高さ)を好きな値に変えるだけで

YouTubeの埋め込みウィンドウの大きさを変えることができました♪

<object width="320" height="180"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/L9uw5vHilLM&hl=ja&fs=1&rel=0&color1=0x234900&color2=0x4e9e00"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/L9uw5vHilLM&hl=ja&fs=1&rel=0&color1=0x234900&color2=0x4e9e00" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="320" height="180"></embed></object>

 

更に320X320の正方形にしてみたところ、上部に動画のタイトル、下部にYouTubeのロゴが表示されるようになりました

 

HDR-XR500Vで撮ったファイル形式AVC(拡張子:m2ts)をそのままYouTubeにアップしてもきちんとエンコードされるのは嬉しい限りです。


【即納可能】【送料無料】【別途延長保証あり】SONY HDR-XR500V ハイビジョンハンディカム デジ...

 

 

最新モデルのHDR-CX500Vも8月から発売になります。

手振れ補正が格段に進化して、大幅に軽く小さくなったので、こちらもお勧めです


◎15,000円以上で送料無料!★☆ビデオカメラバッグ+液晶保護フィルムセット!★☆!★☆SONY H...

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/07/26

HDR-XR500Vを購入しました

Sonyのムービーカメラ Handycam HDR-XR500Vを購入したので色々実験中


【送料無料・新品セール特価】HDR-XR500VSONY HDR-XR500V

何も考えずに購入時の録画モード「HD SP(AVC HD 7M (SP)」で撮ったファイル(拡張子:m2ts)をそのままYoutubeにアップロードしたもの

結構綺麗にアップできています♪

猫の毛の一本一本がかなり鮮明に見えていますので、流石HD品質

室内の蛍光灯の明かりだけで、これだけ綺麗に写るのは新開発「“Exmor R” CMOSセンサー」の威力でしょうね

今まで使っていたサンヨーのXactiとは大違いです

 

次は画質を切り替えて「HD FH(AVC HD 16M (FH)」に変えて撮ったファイルをそのままYouTubeにアップロードしてたもの

アップロードした直後はデジタルノイズがかなり目立ったように見えたのですが、数日経過してから見直すと、そんなにひどい画質ではなくなっているようです??

YouTubeってエンコード直後は画質が良くないとかあるのかな??

 

付属のソフトでMPEG2でエンコードして見たもの

細部の情報にかなり欠けが見られますので、画質が劣化しているのが分かりますね

 

娘が自転車で走る様子を、自分も自転車に乗って追いかけたのですが、手振れ補正の性能が高くてびっくりしました

ワイド側(広角側)の手振れ補正の性能はスゴイ

ソニーさんが約10倍ぶれないと、光学式手ブレ補正(アクティブモード)に自信を持っているのが、実際に使ってみると良く分かります

テレ側(望遠側)は、普通レベルですけどね

 

ちなみに録画の品質の変え方は以下の通り、家のマーク(ホームボタン)を押して、道具箱(設定カテゴリー)を選ぶと「動画撮影設定」のボタンが現れますので、ここで録画品質を選ぶ

033s 034s

何日か使ってみた感触では標準設定のHD SPで十分綺麗なようです。

 

ちょっと悔しいのが、HDR-XR500Vを買った数日後に新モデルCXシリーズが出てしまったこと

XRシリーズに比べると、手振れ補正が更に強化されていて、縦横回転の3方向の手ブレを補正してくれます

CXシリーズはフラッシュメモリーを使っているので、XRシリーズより更に小型軽量になりました。XRが500gで、CXが370gと、130gと26%も軽量化されています。

これだけ重さが変わってくると、腕の力が弱い女性とかはCXシリーズを買うべきでしょうね


★ソニー HDR-CX500V 《8月10日登場》

僕がHRD-XR500Vを買ったのは、暗いところでも画質が良いカメラが欲しかったのが主目的なんで、僕のニーズではCXでもXRでも同じなんですけどね

| | コメント (1) | トラックバック (1)