-->

« Aterm WM3300Rが届きました | トップページ | Aterm WM3300Rを無線LANでつないでみる »

2009/12/29

Aterm WM3300Rを設定してみる

先日の日記「Aterm WM3300Rが届きました」では、自宅がWiMAXのエリア外なため、設定ができませんでしたので、WiMAXのエリアで設定をしてみました。

WiMAXの電波が入るところで、WM3300RをUSBでPCに接続すると、WiMAX Connection Utility「サインアップ準備中」と表示されます。

Wm3300rinstall006

WM3300Rはいわゆる白ロムという奴で、WiMAXの契約先を複数の通信事業者(MVNO)から選ぶことができます。

パソコンでブラウザーを立ち上げると、WiMAX統合ポータルスタートページが立ち上がり、どこの事業者と契約するか選ぶ事ができます。

Wimax

僕はUQの契約を持っているので、UQを選び「UQ WiMAXお申し込みページ」へ

Wimax_uq_wimax

画面右下の「ご利用中のお客様はこちら」をクリック、これをしないで新規のお申し込みを選んでしまうと、回線契約が2つになってしまって、4,480円X2=8,960円支払う事になってしまうので注意が必要です。

Wm3300rinstall014

ログイン画面が出てくるので、MyUQのIDとパスワードを入れてログイン

Photo

今回新しく買ったWM3300Rを追加します

Wm3300rinstall015

機器管理名称をあとでわかりやすようにつけるとよいです

僕は「Aterm WM3300R」としました

Wm3300rinstall016 後は手順に従ってクリックしていくだけで、今持っているWiMAXの回線契約に通信端末の追加ができました。

 

「機器情報の保存中です。しばらくお待ちください」と表示されるので素直に待ちます。

Wm3300rinstall008_2

ちなみにWiMAXは携帯電話のようなSIMを使っていないので、端末側に契約情報を書き込む必要があるのですが、すごいのはお店に行かなくて良いところ

携帯電話の機種変更とかってイチイチお店に行って、機種変更をお願いしなければならないのですが、WiMAXはそんな事する必要がありません。

知人から譲り受けた、オークションで落札した、お店で買ってきたWiMAX端末をWiMAXの電波が入るところで自分で設定できちゃうのです!!

なんでこんなことができるかというと「OMA-DMクライアント」という技術を使っているからだそうですが、どんな技術か良くわかりません。

詳しく知りたい方はUQのHPとか見てみてください

http://www.uqwimax.jp/certification/info.html

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20090602/331159/

 

5分程度待っていたら、「書き込み完了しました」と表示されました。

Wm3300rinstall009

WiMAXコネクションユーティリティーを立ち上げると、USBで繋いだWM3300RでPCがインターネットにWiMAXで繋がりました♪

Wm3300rinstall011

 


《送料無料》NEC AtermWM3300R [PA-WM3300R(AT)]【在庫目安:僅少】


NEC Aterm WM3300R用 充電池パック【税込】 PA-WM01B [PAWM01B]【返品種別A】

 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Aterm WM3300Rを設定してみる:

コメント

コメントを書く