-->

« WiMAXの感度が劇的に向上するという「インテル® PROSet/Wireless WiMAX接続ユーティリティー ver6.5のインストール方法 #uqwimax | トップページ | CEATEC2011でWiMAXを色々見てきました #uqwimax »

2011/10/04

割れたiPhone 3GSのパネルを交換して修理しました

嫁さんがiPhone 3GSを落として、パネルが割れてしまいました。

ガラスが割れているだけで、タッチして動くのですが、これではとても使い続ける気にはなりませんよね

嫁さんは「そろそろiPhone 5も出るらしいし」なんて事を言っていましたが、自力で修理に挑戦することにしました

Dsc07027_r

震災の日になぜか壊れて動かなくなった僕のiPhone 3GSがまだ保管してあったので、この液晶を外して付け替えたら良いのではないか?と思いiPhone 3GSの分解の仕方を「フォトレポート:分解、「iPhone 3G S」--新モデルを早速分解」で勉強して、僕も挑戦してみることにしました。

 

まずは精密ドライバーでスピーカー脇のネジを二本外します

Dsc07113_r

次に吸盤を付けて

Dsc07114_r

ホームボタン側そーっと持ち上げていきます

Dsc07115_r

クレードルが刺さるスピーカー側にはケーブルが付いていて、1、2と番号が振られたコネクターが付いています。

Dsc07117_r

2のコネクターの裏に3と書かれた平たいケーブルが差し込まれていました

Dsc07119_r

1,2,3のケーブルを外すと、パネルと本体のユニットをバラバラに分ける事が出来ました。

Dsc07123_r

心配は3のケーブルをどこまで挿し込むとちゃんと接続されるのかが分からないことですが、このままにしていても仕方ないので勝負することにしました。

Dsc07130_r

 

嫁さんが液晶を割ったiPhoneの電源をオフにして同じ手順で分解します

Dsc07127_r

後は壊れたパネルを外して、ピンセットを使い3のケーブルを差し込み、2と1のコネクターを上からギュッと押して、パチっと音がするまで押し込みます

後はパネルを本体に差し込み、ネジを2本止めると完成

恐る恐るiPhoneの電源をオンにすると、無事嫁さんのiPhoneが起動し、タッチも正常に認識されました

これでiPhone 3GSの液晶交換の移植手術完了

Dsc07131_r

 

僕は目的を果たしたので後は、ゴミとして捨てるだけと思っていたら、息子が更なる分解を行なっていました。

Dsc07134_r

割れたガラス部分だけだとこんな感じになっていました

液晶保護シールをつけていたので、ガラスが飛び散らずに済んだようです

Dsc07141_r

 

3のケーブルを差し込む時はこんな感じの先が曲がったピンセットが便利でした

iPhone 4は星型の特殊ネジを使っているので、分解する時は多分こんな感じのドライバーが必要になるはずです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 割れたiPhone 3GSのパネルを交換して修理しました:

コメント

コメントを書く