フォト
2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

« わたしのいもうと | トップページ | 福島の観光地検索中 »

2008/07/16

書き直し

松岡圭祐の本が好きで、たぶん全て読んでいるのですが、

先日買った、「千里眼の復讐」 を読むと

なんか変...

過去に読んだ話と全く繋がりません???

以前、読んだ小学館文庫の千里眼シリーズと話がつながらないのです

 

同じタイトルで、多少書き直しただけだと思っていた角川文庫の「クラシックシリーズ」ですが、ちょっと加筆訂正したなんてレベルじゃなくて、かなり書き直されていました

千里眼ミドリの猿」と「千里眼運命の暗示」はストーリー展開も全く変わってきていて、完全に小学館のものと別の話にしか思えませんでした

しかし、同じタイトルで出た本がこんなに内容が違うとは...

 

映画の催眠千里眼はまだ見ていないのだよな

そのうち見なければ

 

笹本祐一のエリアルは朝日ソノラマ文庫の時と内容は殆ど同じですが

朝日新聞出版の方は巻末に特別書き下ろしが入っていて、

それが読みたくて全巻また買い直しの羽目になっています

   

書き下ろしだけまとめて本にしてくれれば、嬉しいのに

完全に敵の術中にはまっています...

« わたしのいもうと | トップページ | 福島の観光地検索中 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

岬美由紀だけでこれだけ書く=稼いでもらうんだから 松岡さんってヒモ状態?! 私はちょっと食傷気味。 出張先の神戸より。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書き直し:

« わたしのいもうと | トップページ | 福島の観光地検索中 »