フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« USTREAMのお気に入りチャンネルを埋め込みコードを使って自分のブログやHPで表示させる方法 | トップページ | Googleマップの斜め45度の航空写真が守谷市内でも使えるようになっていました。 »

2013/04/21

「守谷みつばちプロジェクト」で蜜蜂のお世話を見学してきました。養蜂用語の解説も試みちゃいます。

4月14日は「守谷みつばちプロジェクト」第2回目の集まりがあり、既にブログ記事『「守谷みつばちプロジェクト」で分蜂を見学してきました。』でアップした分蜂以外の部分を今回の記事ではレポートします。

僕達の蜜蜂師匠の小川一成(http://ameblo.jp/issei1064/)さん

Dscf9817_r

もしかしたら、間違っている部分もあるかも知れませんが、養蜂(ようほう)用語の解説にも挑戦しちゃいます。

下の写真の木箱が、蜜蜂(みつばち)が入っている巣箱(すばこ)

Dscf9831_r

 

巣箱の蓋(ふた)を開けると、中には蜜蜂がたくさん入っています。

Dscf9834_r

 

巣箱の中には、蜜蜂が蜜を蓄えたり、子育てを行う単框(たんがまち)が入っています

単框に沢山蜜が蓄えられていると、ずっしりと重いそうなんですが、まだどの状態が重いのかとか区別つかず(笑

Dscf9868_r

ちなみにこの写真には僕が写っていますよ

 

単框を外して、中の様子を一枚一枚チェックしていく小川さん

 

紫の線で囲んだ部分が働きハチの幼虫や蛹(さなぎ)が入っているところ

幼虫が育ってくると蓋をして、中で育ち蛹になって、そのうちハチになって出てくるそうです。

緑の部分が蜜が蓄えられてて、十分に蜜が巣房に入ると蓋をして保存するようです。

Dscf9865_r_2

蜜が蓄えられている場所と、幼虫や蛹が入っている場所は色も違うので、見方が分かれば簡単に区別がつくようにそうですね。

蜂蜜を絞る時は、このように蓋をされているので、蓋を切ってから絞るらしいです。

 

嬢王蜂の卵や幼虫が入っている王台(おうだい)を取り除いたものが下の赤丸部分

Dscf9841_r_2

取り除いた王台から白くはみ出てきているのが、高級品として有名なローヤルゼリーです。

折角なので、生ローヤルゼリーを舐めてみましたが、ピリっと舌に刺激のあるかなり癖のあるお味で、美味しいとは思えなかったです。

Dscf9858_r

王台の中には、女王蜂の幼虫専用の餌であるローヤルゼリーに包まれた幼虫が入っていました。

Dscf9860_r

「守谷みつばちプロジェクト」の仲間が生幼虫も試食...

す、すげい、僕には生幼虫は無理だ

食べたご本人曰く、生幼虫は結構美味しいそうです

 

養蜂の世界に初めて足を踏み入れましたが、新しい事を学ぶって楽しいね

 

生ローヤルゼリーを楽天で探してみましたが、かなり高いですね。

 

« USTREAMのお気に入りチャンネルを埋め込みコードを使って自分のブログやHPで表示させる方法 | トップページ | Googleマップの斜め45度の航空写真が守谷市内でも使えるようになっていました。 »

守谷みつばち夢プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« USTREAMのお気に入りチャンネルを埋め込みコードを使って自分のブログやHPで表示させる方法 | トップページ | Googleマップの斜め45度の航空写真が守谷市内でも使えるようになっていました。 »