フォト




ブログタイムズ 食べログ グルメブログランキング

« おやきを自分で作れる大子おやき学校 | トップページ | 奥久慈リンゴをたっぷり使った豊年万作のアップルパイが激旨でした »

2014/03/01

袋田温泉 滝味の宿 豊年万作は設備が充実してて、ホスピタリティの高さに感心しましたが...

大子町観光のお宿は袋田温泉 滝味の宿 豊年万作

Img_6976_r_2

雛人形が飾ってあるフロントでチェックインすると、中居さんが二階のお部屋まで案内してくれました。

Img_7176_r_2

 

お部屋は広くて、とても奇麗で、家族4人で泊まるには十分すぎる程の広さです。

おまけに窓際にはコタツまであります。

Img_7128_r_2

息子は先日買ってやった着る毛布を持参してきていて、そのままコタツに突進し、コタツムリに変身してました(笑

 

お部屋にはなんと、加湿機能付きのプラズマクラスター完備

Img_7132_r_2

宿の部屋って、夜中に乾燥するから、いつも嫁さんが加湿に頭を悩ませていますが、こちらの宿ではそんな心配も不要で、とても嬉しいサービスですね。

全部屋になくても良いんじゃないかとは思うけど、ソーイングセットまであります。

Img_7185_r_2

もちろん、部屋のトイレはウォシュレット付きだし、部屋の中にお風呂だって付いています。

凄く設備が充実していて、宿泊者の事を考えているホスピタリティの高い宿ですね。

スタッフもフレンドリーだし、本当に良い感じです。

 

肝心の温泉は、アルカリ性単純温泉で、泉温は37.0度とちょっとぬるめのお湯です。

Img_7181_r_2

大浴場は檜のお風呂で、木の良い香りがしてきます

P2220004_r_2

露天風呂は更にお湯の温度が低くて、いつまでもずーーと入っていられそうな感じ

P2220008_r_2

僕は熱いお湯がダメで、ぬるめの方が好きなのでとても気に入りました。

うちの子たちはもう大きくなっちゃったけど、小さいお子さんが一緒だと熱いお湯には入れなくて大人も子どもも大変な目に合いますが、こちらの温泉だと一緒にゆっくりと温泉に入れそうですね。

実際、日帰りの入浴客で2-3歳の子連れのお父さんが一緒だったんですが、小さい子も幸せそうにお風呂に入っていましたよ。

 

宿内には読書の間なんてコーナーもあって、温泉に入った後は本を借りて読んでました

Img_6937_r_2

実はauの携帯の電波はかなり悪くて、殆ど使い物にならず...

こんなときぐらいはネットから隔離されても仕方ないかな?って思うけど、KDDIには田舎でももっと頑張って欲しいな~

宿に無線LANを入れておいてくれると、良いんだけどね。

ど田舎に行くと、やっぱりdocomoが良いかもって思っちゃうんだよな

 

宿のお料理ですが、えー、どうしてこんな山の中で刺身とか海の幸ばかり出してくるの?

Img_7135_r

お肉はローズポークだったけど、後はなんか海の幸ばかり...

多分、山の人にとっては、刺身とか高級品のご馳走ってイメージなんでしょうが、山に遊びに来る人って平地の人が多いだろうから、山のご馳走を食べたいって思うんじゃないかな?

例えば、この辺りだと、久慈川で捕れる川魚(岩魚・鮎)なんかが有名ですよね

なんで川魚を出してこないんだろう??

おすましだって、イワシのつみれ汁

Img_7150_r

なんかちょっと違わないか?

大子だったら蒟蒻芋も採れるじゃん、なんで地元の蒟蒻料理とか出てこないだろうか?

お料理がもっと美味しくて、地元の山のものを沢山出してくれたら、本当に最高の宿としてオススメしたいところなのに、物凄く残念です。

 

正直なところ、お料理で一番美味しいと思ったのはお米とちりめんでした

Img_7159_r

大子のお米は色々と賞を取ったりと、美味しい米処として認知されて来ているはずなんですが、お米が本当に美味しかったです。

宿の方々は本当に良い感じの方々ばかりで、こんな事を書くのは躊躇われてしまう部分もあるのですが、お料理にもっと力を入れて欲しいと思います。

別に常陸牛とか高級な物である必要なんてないんです。

地元でしか食べられない新鮮な食材とを使って、それを美味しくお料理して出して来てくれれば良いと思うんですよね

袋田で食べた川魚、大子の山菜美味かったよねって方が記憶に残るんじゃないかな?

厳しい書き方しちゃいましたが、お料理頑張ってくれたら、もっともっと素晴らしい宿になると思いますよ。

« おやきを自分で作れる大子おやき学校 | トップページ | 奥久慈リンゴをたっぷり使った豊年万作のアップルパイが激旨でした »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

豊年万作は私が拝見しているゆたりブログでも更新が多いので興味がありました。
http://www.yutari.jp/blog/hounenmansaku/

風呂にカメラ持ち込めるんですか!!
びっくりの宿ですね。

私も宿泊したことがあります。良い宿でした。
放射性セシウムのこともあり、川魚の使用には慎重なのかもしれませんね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おやきを自分で作れる大子おやき学校 | トップページ | 奥久慈リンゴをたっぷり使った豊年万作のアップルパイが激旨でした »

おでかけブログ内での記事検索

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
LINE@はじめました
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
中の人とのコンタクトを希望される場合は、FBページからメッセージをお送りください。
おでかけ

Facebookページも宣伝



Instagram
僕の著書

リンク集

おでかけのまとめJimdo版
おでかけFacebook版
medium@torishin
NAVERまとめNEW
まんが「もりやのひみつ」
おでかけブログマップ
YouTubeにアップした動画
Torishinのレストランガイド
Torishinの写真素材
連とマルのフォトアルバム
Lockets
Coder Dojo Moriya
ままもり
ままもりスタッフblog
小川 一成のブログ
Home Designing Weblog
どこ行く!?万走記。
茨城王
止まらずに走れ!
やってみる
松ヶ丘日和*(Houston日和*)
La Vie Par Procuration
ぐりころ日記(ゴーパ1号さん)
ヤナギのブログ~