フォト




ブログタイムズ 食べログ グルメブログランキング

« カフェフロッグの紅茶の生プリンがとても美味しかった | トップページ | 龍ヶ崎まいんコロッケの「りんごコロッケ」を食べてきたよ »

2014/06/09

ペットボトルで作れる蚊撃退ツール「蚊とりボトル」を始めてみることにしました

急に暑くなってきて、蚊が我が家の庭にも出てくるようになったので、「数万人の命を救った「蚊とりボトル」とは? ペットボトルで簡単に蚊を撃退する方法」を我が家でもやってみることにしました。

Dscf7403

「蚊とりボトル」薬を使わないので、環境にも健康にも優しい蚊取りツールですね。

蚊取りボトルの仕組み

蚊取りボトルの中には、水と砂糖とイースト菌を入れるので、イースト菌が増殖するときに二酸化炭素を出します。

二酸化炭素が引きつけられた蚊が、ペットボトルの中に入りますが、逃げ出そうとしても、ペットボトルの壁面を登ろうとするだけなので、逆さに差し込まれたペットボトルの注ぎ口からは出ることができずにその中で死んでいくのです。

自然にある材料のみなんで、環境にも健康にも優しい驱蚊ツール、防蚊ツールですね。

(除くペットボトルですが、再利用できるから良しってことで)

 

蚊取りボトルは多分無害

うちの嫁さんは蚊取り線香を焚くと、胸がドキドキするって言います

多分、蚊を殺す殺虫成分が嫁さんの体には合わないんでしょうね

蚊取りボトルは、全く薬を使ってませんから、非常に健康的でしょう。

用意するもの

  • ペットボトル(1~2リットル)
  • 砂糖50g
  • イースト(ドライイースト)
  • 水200g

最近は、我が家のようにご自宅でパン作りをされている方も多いはずなんで、イーストが家に常備されている家庭も多いでしょうね。

真面目にパン作りされている方は、天然酵母がご自宅にありそうなんで、もちろん天然酵母でもOK

わざわざドライイーストを買わなくても、我が家の冷蔵庫にもちゃんとありました。

ドライイースト 3g×4袋

ドライイースト 3g×4袋
価格:115円(税込、送料別)

 

蚊取りボトルの作成は簡単

ペットボトルの上部1/3~1/4程度のところをカッターナイフやハサミでジョキジョキと切る

Dscf7406

ペットボトルの先端を逆さにして差し込むだけ

Dscf7409

幼稚園児でも出来そうな簡単な作業ですね。

 

蚊取りボトルの溶液の作成

水200g(200ミリリットル)を40度のぬるま湯で用意

Dscf7411

ピッタリ40度でなくても、砂糖が溶けそうな温度だったら大丈夫ではないかと思います。

 

砂糖50gを用意

Dscf7413

今回は真面目に計量しちゃいました。

我が家では三温糖を使っているので、やや茶色いお砂糖ですが、白糖でも大丈夫ですよ

 

ぬるま湯に50gの砂糖を入れる

Dscf7414

 

1gのドライイーストを投入

Dscf7420

実は写真を撮るために、失敗してかなり多目にいれちゃいました(笑

 

ドライイーストが投入された様子

Dscf7421

Dscf7422

 

菜箸を入れて、砂糖を溶かして、ドライイーストを混ぜました

Dscf7424

三温糖を使っているので、溶液が茶色になってますね。

白糖で作ると透明な色なんでしょうけどね

なんとなく底の方にまだ砂糖が溜まっていますが、細かい事は気にしなくて大丈夫でしょう。

 

周りに黒い紙を巻くと効果的ってことなんですが、黒い紙がなかったので、濃いブルーの紙を巻きました

Dscf7427

 

蚊は日陰が好きらしいので、庭やベランダの雨がかからない日陰に置く

Dscf7430

2014/6/2 8:00頃設置

衛生のために2週間程度で中身を入れ替えると良いそうです。

 

1日経過後

2014/6/3 7:00頃観察

蚊とは思えないもっと小さな虫が4匹浮いていました

Dscf7433

 

1週間経過後

2014/6/9 6:30頃、まだあまり蚊が出てないのか、蚊は捕獲出来ておらず、白いもの(たぶんカビ)が表面を漂っていました。

Dscf7462

梅雨に入って、気温も下がり、まだ蚊もあまり出てきていないのかな?

 

20日経過後

6月21日に様子を見てみました。

1週間後に水面に浮いていたカビのような白いものは消えていて、水面には小さな羽虫(蚊かどうか不明)10数匹と、大きな羽アリか蜂が浮いていました。

Dscf7850

2週間程度で中身を入れ替える事が推奨されていたので、この段階で一度中身を入れ替えてみました。

まだ我が家の庭では蚊が減ったのかどうか確認出来ていません。

 

蚊取りボトルは、家の中に入ってきてしまった蚊まで撃退してくれるわけではないので、蚊取り線香は結局は必要なんじゃないかな?と思っています。

でも蚊が激減したら、蚊取り線香を使う頻度は減らせるでしょうね。

 

【害虫・害獣駆除業界の優良業者のみを紹介する第三者機関トップマイスター】

« カフェフロッグの紅茶の生プリンがとても美味しかった | トップページ | 龍ヶ崎まいんコロッケの「りんごコロッケ」を食べてきたよ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

コメント

イーストの発酵温度が30〜40℃らしいので、真夏でないと効果無いっぽいとの噂が・・

ショウジョウバエは取れるかも知れませんが蚊はとれません。

イースト菌の発酵温度は20-40℃なので日本で蚊が出る季節なら大丈夫です。
ただしこのペットボトルトラップはインチキです。まったく取れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カフェフロッグの紅茶の生プリンがとても美味しかった | トップページ | 龍ヶ崎まいんコロッケの「りんごコロッケ」を食べてきたよ »

おでかけブログ内での記事検索

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
LINE@はじめました
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
中の人とのコンタクトを希望される場合は、FBページからメッセージをお送りください。
おでかけ

Facebookページも宣伝



Instagram
僕の著書

リンク集

おでかけのまとめJimdo版
おでかけFacebook版
medium@torishin
NAVERまとめNEW
まんが「もりやのひみつ」
おでかけブログマップ
YouTubeにアップした動画
Torishinのレストランガイド
Torishinの写真素材
連とマルのフォトアルバム
Lockets
Coder Dojo Moriya
ままもり
ままもりスタッフblog
小川 一成のブログ
Home Designing Weblog
どこ行く!?万走記。
茨城王
止まらずに走れ!
やってみる
松ヶ丘日和*(Houston日和*)
La Vie Par Procuration
ぐりころ日記(ゴーパ1号さん)
ヤナギのブログ~